大勢の人

様々な選択肢がある柔道整復師の求人を見つけよう

  1. ホーム
  2. 建設現場での人材支援

建設現場での人材支援

室内

社会資本整備での人材確保

わが国は、欧米と比較しますと、道路網等の交通インフラの整備率が低水準にありますので、経済成長を遂げるためにも、今後も社会資本整備を進める必要があります。また、豪雨災害や、地震災害にも見舞われることがありますので、防災施設の整備も不可欠となっています。このような社会資本整備には、トータルコスト縮減に向けて長寿命化を図るため、高い品質確保が要求されます。そのためには、高い技術力を有した施工管理が不可欠となります。施工管理には、品質管理、出来形管理、工程管理、安全管理といった管理項目がありますが、何れの管理項目も社会資本整備において要求される重要な事項となっています。しかし、団塊世代の大量退職や、生産年齢人口の減少等によって、施工管理を行う人材が不足している状況にあります。本来であれば、教育訓練によって人材育成を図ることが好ましいのですが、慢性的なマンパワー不足の場合、派遣会社から技術者を派遣してもらうことも必要となります。こうした派遣による人材確保によって、厳しい工程管理を必要とする社会資本整備が進められることになります。

リーズナブルな人材確保

建設現場では、追加工事の発生等によって、突発的な施工管理技術者が必要となる場合もあります。また、工期短縮のため、同時施工を余儀なくされる場合においても、施工管理技術者が不足することがあります。そういった工程が変更となった場合には、自社での技術者派遣が厳しい場合には、派遣会社から技術者を派遣してもらうことで、工程通りの施工が可能となります。この技術者が定年で退職した人であっても、働く意欲がある場合は、優れた技術の伝承も期待できます。こういった幅広い人材による派遣技術者によって、品質が確保された社会資本整備が可能となります。こういった突発な事態になっても、派遣会社からのリーズナブルな対応によって、工程を遵守した社会資本整備が進められます。そのことで、高い経済成長が見込まれることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加